スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<著作権法違反容疑>福井新聞記者を逮捕 DVD複製販売(毎日新聞)

 市販のDVDを無断で複製し販売したとして、福井県警生活環境課などは22日、同県越前市文室町、福井新聞文化生活部記者、堀一尋容疑者(36)を著作権法違反容疑で逮捕し、福井新聞本社編集局(福井市)などを家宅捜索した。堀容疑者は「悪いことをした」と容疑を認めているといい、県警は販売の動機などを調べている。

 容疑は、09年2月から10月にかけ、脳科学者の講義などを収録した正規のDVD8種類(定価約2万~14万円)をネットオークションに出品。購入希望者5人に、無断で複製したDVD23枚を計6万円で販売したとされる。東京都内のDVD製作会社2社が09年8月と10月、告訴していた。

 県警は22日、堀容疑者の前任地の同社小浜支社(小浜市)や自宅、自動車などを捜索。パソコンやDVD複製機、複製DVD約50枚などを押収した。

 福井新聞社は日刊紙約21万部を発行し、同県内の普及率は78%。青山直弘総務局長は「著作権保護について十分な認識を持つべき報道機関として重く受け止めている。事実関係を確認の上、厳正に対処する」とのコメントを発表した。【高橋隆輔、橘建吾】

【関連ニュース】
著作権法違反容疑:仮面ライダーに似たマスク販売 男逮捕
著作権:権利制限の一般規定導入へ
フェアユース規定:新聞協会など14団体が意見書
藤子ミュージアム:11年9月3日、川崎市にオープン
万能川柳:寿司食いねえ じっとしてねえ寿司だけど

ネット選挙解禁、結論持ち越し 自民の反発で(産経新聞)
<降雨>西日本で土砂崩れ、通行止め(毎日新聞)
口蹄疫 農水相が対応謝罪 ワクチン接種9割終了へ(産経新聞)
15歳の娘が供述「私も金を使った」 千葉・八街の殺人放火事件で父娘を送検(産経新聞)
かすむ明石海峡 神戸などで濃霧(産経新聞)
スポンサーサイト

16世紀「村中城」の遺構、初めて確認=佐賀市〔地域〕(時事通信)

 佐賀市城内地区の市道工事現場で、16世紀の戦国大名・龍造寺隆信が築いた「村中城」の一部とみられる遺構が佐賀市教育委員会の発掘調査で初めて確認され、このほど現地説明会が開かれた。村中城の詳細はこれまで一切不明だった。説明会には歴史ファンら約300人が訪れ、戦国ロマンに浸った。
 発掘現場は、城内地区の「西の御門橋」周辺の350平方メートル。江戸時代の地層から80センチ掘り下げたところ、地面に支柱を埋めて建造する「掘立柱建物」2棟の柱穴跡が計25個見つかった。柱穴は深さ・太さとも平均約65センチで、一緒に備前焼すり鉢の破片などが出土したことから、市教委は村中城の一部の可能性があると判断した。
 龍造寺家は安土桃山時代に九州北部を支配した守護大名で、隆信が村中城を整備した16世紀後半ごろに全盛期を迎えたが、その後没落。1608年以降、佐賀藩を創設した鍋島家が、村中城を基礎に佐賀城を築城したとされる。これまでの発掘調査では佐賀城跡より掘り下げることがほとんどなかったため、村中城に関する資料や遺構は見つかっていなかった。
 説明会では、市の担当者が「発掘された遺構は、村中城か、寺社など付属施設の建物跡と考えられる」と解説。見学者から「お堀はあったのか」「当時の海岸線はどの辺りか」などと質問が相次いだ。参加した市内の男性(67)は「中世の城の姿はほとんど残っていないので興味深い。他地域でも発掘を続け、全貌(ぜんぼう)を明らかにしてほしい」と話していた。
 市は7月まで調査を続け、現状を保存した上で埋め戻し、道路を整備する方針。 

【関連ニュース】
〔写真〕16世紀「村中城」の遺構、初めて確認=佐賀市
〔地域の情報〕黄色一色、スイセンの斜面=滋賀県
〔地域の情報〕加藤清正まつる「本妙寺仁王門」修復=熊本
〔地域の情報〕後楽園で恒例の茶つみ祭=岡山
〔地域の情報〕鵜飼漁を支える職人技を紹介=岐阜県関市

みんな「魚食べよう! 」=ファッションモデルが魚食普及―水産業界も注目(時事通信)
1歳長女重体、床にたたき付けた母親逮捕(読売新聞)
転落 東京・狛江の市立中で女子生徒重体 飛び降りか(毎日新聞)
<裁判員裁判>制度開始1年 東海3県では計37件(毎日新聞)
<国際現代音楽協会>作曲家・湯浅譲二さんが名誉会員に(毎日新聞)

<井上ひさし>「化粧」が幕 渡辺美佐子さん648回演じる(毎日新聞)

 4月9日に亡くなった井上ひさしさんの書き下ろし作品で、女優の渡辺美佐子さん(77)が28年間演じ続けてきた一人芝居「化粧 二幕」が9日、東京都杉並区の「座・高円寺」で千秋楽を迎えた。

 作品は82年7月に「化粧」として初演。すぐに井上さんが2幕目を書き足した。息子を捨てた大衆演劇の女座長の哀歓が楽屋を舞台に描かれ、今回を含め国内外で648回上演された。渡辺さんは「にぎやかな舞台を務められるうちに幕を下ろしたい」と今回を最終公演にした。

 終演後、カーテンコールで渡辺さんは井上さんに触れ「全力で突っ走って日本の芝居、小説のために元気と勇気を与えてくださった」と感謝の言葉を述べた。【濱田元子】

【関連ニュース】
井上ひさしさん死去:魂伝えた「遅筆堂」 平和へ行動
井上ひさしさん死去:父の芝居、継続して上演…三女が会見
井上ひさしさん:9日に死去、75歳…小説家・劇作家
余録:井上ひさしさん
サンデーらいぶらりぃ:張 競・評「あくる朝の蝉」井上ひさし・著(『四十一番の少年』所収)

普天間で日米実務者協議=「桟橋方式」など調整(時事通信)
12歳少女が首つり死亡=公園トイレ内-東京(時事通信)
検証 医療ツーリズム元年(4)先端医療を日本から世界に(医療介護CBニュース)
全裸状態の女性の遺体を鶴見川で発見、水に沈むような細工、死体遺棄事件として捜査/横浜(カナロコ)
ピカソ絵画、100億円で落札…美術品史上最高(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。